DoRACOON NTTMEDIAS

企業の課題

企業の
課題

個人事業主向けWiFiの種類と選び方ガイド

2024-3-29

個人事業主にとって適切なWiFiを選ぶことは、円滑な業務遂行に欠かせません。

本記事では、WiFiの種類や契約のタイプについて詳しく解説し、個人事業主がWiFiを選ぶ際の注意点について触れます。

 

本記事を読むことで、ご自身の事業ニーズに適したWiFiを選択できます。

 

 

個人事業主向けWiFiの選択肢

個人事業主向けのWiFiは、主に次の3種類があります。これらのWiFiの選択は、事業ニーズによって異なるため、個々の業務スタイルや移動頻度に合わせて最適なものを選択しましょう。

光回線

光回線は高速で大容量のデータを効率的に処理できます。多くのデバイスが同時に接続でき、ビジネスの円滑な運営に寄与します。ただし、他の回線よりも月々のランニングコストは高額になりやすいです。

 

ホームルーター

ホームルーターは工事不要で手軽に設置でき、別途無線LANルーターを用意する必要がないため、設置スペースを節約できます。電源を入れるだけでネットに接続でき、簡便にWiFiを導入できるでしょう。ただし、光回線より速度や安定性に制限がかかるため、事業ニーズに適しているかを判断する必要があります。

 

ポケット型WiFi

ポケット型WiFiは携帯でき、外出先での利用が容易なため、出張や移動が頻繁な個人事業主に最適です。外出先での急なZoomミーティングなどにも柔軟に対応できます。ただし、通信速度や使用できるデータ量に制限が多いです。

 

個人事業主は法人向けWiFiを契約できる?

個人事業主でも法人向けWiFiの契約が可能な場合がありますが、注意が必要です。契約に屋号(商業上の名前)が求められることがあり、屋号を持たない場合は法人プランの契約が難しいかもしれません。

法人向けを利用する場合は屋号登録をしたほうがよいでしょう。

 

個人事業主が屋号を登録する方法については以下のとおりです。

屋号を登録する方法①開業届の提出

開業届を提出していない場合は、開業届に屋号を記入することで屋号を取得できます。

屋号を登録する方法②開業後は任意のタイミングで名乗れる

開業後に屋号をつけたい場合は、任意のタイミングで屋号を名乗ることができます。屋号に法的な拘束力はなく、税務署への届け出は不要です。ただし、屋号をもった証拠を残したい場合は、開業届を再提出し、受領印をもらうとよいでしょう。

個人事業主のWiFi費用は経費にできる?

WiFiの導入パターンごとに、WiFi費用を経費にする方法を解説します。WiFi費用を経費に計上することで、事業の経済的効果を最大化できます。

自宅の回線を事業用と共用する場合

自宅兼事務所で作業する場合、プライベート用の回線を事業用にも利用することがあります。

この場合、回線費用を合理的な割合で事業とプライベートに分割することで、経費計上が可能です。

 

たとえば、月の通信量が1万円で、1週間のうち5日間を事業に使う場合、経費にできる金額は1万円の71%(5日間÷7日間)に当たる7,100円となります。

自宅の回線とは別に事業専用の回線をもつ場合

事業用の回線を導入する場合、その費用は全額経費計上が可能です。按分計算の手間がなく、経費管理しやすいメリットがあります。

スマホのテザリングを利用する場合

 

プライベート用のスマホでテザリングを利用する場合、事業用に利用した時間や日数を元に合理的な割合を算出することで、費用の一部を経費に計上できます。

たとえば、仕事とプライベートのスマホ使用頻度が同じくらいであれば、請求額の50%を経費として計上します。

個人事業主がWiFiを選ぶときのポイント

個人事業主がWiFiを選ぶ際に考慮すべきポイントはいくつかあります。その重要なポイントを詳しく見ていきましょう。

最低利用期間の有無

事業の変動性を考慮し、最低利用期間がないWiFiや、プラン変更が容易なサービスを選択することが重要です。

フレキシブルな回線を選ぶことで、事業の拡大や縮小に柔軟に対応することができます。

利用できるデータ量

ファイルのアップロード・ダウンロードが頻繁な場合は、大容量のデータ通信が可能なプランが適しています。逆に、データ使用量が少ない場合は、無駄なコストを避けるために、データ通信量の少ないプランを選択してください。

解約時の料金

月額費用だけでなく、解約時の料金や隠れた費用を確認しましょう。解約手数料や端末の返却費用、端末を紛失した場合の損害金など、解約に伴う負担を確認することで、予期せぬ出費を防ぐことができます。

もしもの時のサービス提供事業者の対応

トラブルの発生を最小限に抑えるには、信頼性の高い事業者を選ぶことが重要です。サポート体制や故障時などのトラブル対応について口コミ等を確認し、安心して利用できる業者かどうかを確認しましょう。

初期契約解除の可否

初期契約解除は、通信サービス契約後すぐのタイミングであれば、ユーザーが一方的に契約を解約できる制度で、個人の消費者を対象としています。法人契約の場合は通常この制度が適用されませんが、通信事業者によっては、法人契約においても初期契約解除に対応している業者や同等の措置を講じている業者が存在します。

 

サービスの品質が不十分であった場合に備えて、事前に契約解除に関する条件や対応を確認することが重要です。これによって、契約後の予期せぬトラブルを回避できます。

つながりやすさ

ポケット型WiFiを利用する場合は、広範囲で安定したカバーエリアを提供するサービスが適しています。

外出中や移動中に使用することを考慮し、よく使う利用場所でつながりやすいキャリアを選択しましょう。

 

移動が多い、または利用場所によって繋がりやすいキャリアが違う場合は「マルチキャリア」を選択するのも1つの手段です。

個人事業主向けWiFiならDoRACOON

個人事業主の方には、クラウドSIM搭載のDoRACOONがおすすめです。DoRACOONは法人限定の通信サービスですが、屋号をもつ個人事業主の方も申し込みできます。

 

どこでもつながりやすい

DoRACOONは、複数の通信キャリアの中から快適に通信できる回線を自動選択(※)するクラウドSIM技術を採用しており、カバーエリアは大手キャリアのLTE回線なので広範囲で利用できます。このため、圏外エリアが狭く、つながりやすくなっています。

 

※お客様の利用場所における電波強度などを踏まえ、接続いたします。

ただし、ご利用いただくエリアや電波や建物等の環境により一部ご利用頂けない場合や、通信速度が遅くなる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

 

通信障害に強い

複数の通信キャリアに対応しているため、1つのキャリアで通信障害が発生しても、他のキャリア回線に切り替えて通信を継続できます。通信障害による業務停滞のリスクを低減します。

電源を入れるだけで使える

工事不要で電源を入れるだけでインターネットに接続できるため、手軽かつ迅速にWiFiを導入できます。

 

さらに、端末タイプには手軽に持ち運びできるモバイルルータータイプと、据え置きできるマルチファンクションタイプがあります。用途に合わせてさまざまな場所でWiFiを利用することが可能です。

最低利用期間・解約金がない

DoRACOONの利用プランには最低利用期間がなく、解約金も一切かかりません。このため、突然の解約にも柔軟に対応できます。

 

また、端末はユーザーが購入する方式を採用しているため、端末を返却するための追加費用も発生しません。

途中でプラン変更が可能

DoRACOONは月1回までプラン変更が可能であり、事業の状況に応じて途中からプランを変更できます。

一定期間利用しない場合は、休止プラン(税込550円/月)に変更することで、利用しない間はコストを抑えることができます。

NTT西日本のグループ会社が運営するから安心

DoRACOONはNTTメディアサプライ社が運営しています。NTT西日本グループが運営しているため安心感があり、信頼性の高い通信サービスといえます。

 

クラウドSIMはDoRACOON

※記載している内容は、掲載日時点のものです

ページ上部へ戻る